南アジア最貧国、バングラデシュのゴミ問題

バングラデシュ アジア
スポンサーリンク

バングラデシュはインドとミャンマーに隣接する、イスラム教主体のアジア最貧国です。

Dumped dangerously|The Daily Star – Leading English Daily among Bangladesh Newspapers

November 06, 2017

Dumped dangerously
Anyone walking down the street in front of the main entrance to the DMCH emergency unit would encounter an awful sight: used syringes, bandages, dressings, sali...

以下、めっちゃ雑な翻訳ですが、記事の導入部分はこんな感じです。DMCHはDHAKA MEDICAL COLLEGE HOSPITAL という病院の略称です。

DMCHの非常口の正面玄関の前を通り過ぎると、ひどい視界に遭遇するでしょう。使用済みの注射器、包帯、包帯、生理食塩水の袋、その他舗装に散らばっている医療廃棄物。

このようなゴミの山は、2つの大きなゴミ容器の中や周りにも見られます。けっこう毎日こんな感じです。

ときどき包帯や包帯からの血液がくぼみの中のよどんだ雨水と混ざり合い、悪臭を放ちます。 ハエはゴミの周りにたかり、カラスやヤギがそこを掃除します。

それは奇妙に聞こえるかもしれませんが、国の最大の病院で働いている数百人の掃除人の多くはそのような感染性の医療廃棄物を毎日容器に直接投げ入れて、健康上の危険を完全に無視します。 多くの場合、コンテナがあふれ、場所全体がゴミで散らばっています。

バングラデシュで現地人が挑む!農村地域でのゴミ教育とソーシャルビジネスの開発!(フォイス・アハメド 2013/05/30 公開) – クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

2013/05/30 公開記事

バングラデシュで現地人が挑む!農村地域でのゴミ教育とソーシャルビジネスの開発! - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)
バングラデシュの農村出身の「農村情報起業家」が自分の村のゴミ問題の解決、さらにソーシャルビジネスの可能性を探るプロジェクトです! - クラウドファンディング Readyfor

この記事によると、とにかくゴミはなんでもかんでも燃やすらしいので教育が必要とのこと。

世界一悪条件の都市、ごみ問題への挑戦 〜10年にわたるダッカ廃棄物管理プロジェクトの執念が結実〜| バングラデシュ | アジア | 各国における取り組み – JICA

2013年3月6日

世界一悪条件の都市、ごみ問題への挑戦 〜10年にわたるダッカ廃棄物管理プロジェクトの執念が結実〜| バングラデシュ | アジア | 各国における取り組み - JICA

Clean Dhaka Master Plan 2005というプロジェクトでJICAは2000年から廃棄物管理に関わってきたとのことです。

世界のゴミ問題まとめ

ほかの国のゴミ問題はこちらにまとめています。

アジアのゴミ問題まとめ

http://kanotetsuya.com/waste-minimisation/

ヨーロッパのゴミ問題まとめ

http://kanotetsuya.com/waste-minimisation-in-europe/
タイトルとURLをコピーしました