世界トップクラスのゴミ回収率である台湾のゴミ問題対策

台湾 台湾
スポンサーリンク

台湾は世界トップクラスのゴミ回収率であるようです。

台湾のゴミ回収の成果、米の科学総合誌が紹介 : Taiwan Today(2019/01/07)

台湾のゴミ回収の成果、米の科学総合誌が紹介, Taiwan Today
米の科学総合誌『Smithsonian(スミソニアン)』の公式サイトはこのほど、ミネソタ大学環境研究所の機関誌 『Ensia』が掲載した台湾のゴミ回収に関する特集記事「How Taiwan Has Achieved One of the Highest Recycling Rates in the World(=台湾は...

台湾のゴミ回収率は世界でも最も高いレベルにある。家庭及びオフィスのゴミ回収率は約55%に、産業廃棄物の回収率は77%に達する。台湾の資源ごみ回収業者は1600社を超え、その営業額は20億米ドルを超えている。

How Taiwan Has Achieved One of the Highest Recycling Rates in the World
Once nicknamed "Garbage Island," the region now has a success story to share
Kaohsiung Taiwan garbage truck song

台北市、24時間対応のゴミ回収ボックス「iTrash」を設置

Taiwan Today
Taiwan Today(略称「TT」)日本語ウェブサイトは、中華民国(台湾)政府が日本の各界に迅速かつ正確に台湾の政治・経済の情勢および重要な出来事と見方を理解してもらうために設けるルートです。

Taiwanese use new machines to exchange trash for cash

Taiwanese use new machines to exchange trash for cash

東部離島、ごみ問題深刻 台湾本島への持ち出し協力を観光客に呼び掛け | 社会 | 中央社フォーカス台湾(2019/05/28)

東部離島、ごみ問題深刻 台湾本島への持ち出し協力を観光客に呼び掛け | 社会 | 中央社フォーカス台湾
(台東28日中央社)東部の離島、蘭嶼と緑島でごみ問題が深刻化している。ごみを処理するには本島の台東まで運ぶ必要があるが、台東の処理施設はほぼ飽和状態。両島はそのしわ寄せを受けている。観光シーズン到来を受け、島の宿泊業者たちは台湾本島に戻る旅行客にごみの持ち出しに協力してもらう取り組みを行っている。

台湾で脱プラスチックの動きが加速 | 地域・分析レポート – 海外ビジネス情報 – ジェトロ(2019年6月5日)

台湾で脱プラスチックの動きが加速 | 地域・分析レポート - 海外ビジネス情報 - ジェトロ
いま世界で「脱プラスチック」の動きが広がっているが、台湾でも近年、使い捨てプラスチック製品の規制を強化するなど、「脱プラスチック」の動きが加速している。

使い捨てプラ製品は2030年全面的に使用禁止

世界のゴミ問題まとめ

ほかの国のゴミ問題はこちらにまとめています。

アジアのゴミ問題まとめ

ヨーロッパのゴミ問題まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました