登山者がゴミを残していく、ネパールのゴミ問題

ネパール ネパール
スポンサーリンク

ネパールはインドの北に位置し、エベレストのある横に長い国です。

エベレストのゴミ問題 酸素ボンベ、排泄物……11トンをネパール政府が回収 | NewSphere(2019/06/10)

エベレストのゴミ問題 酸素ボンベ、排泄物……11トンをネパール政府が回収
今年エベレストでは、11人の登山者が亡くなっている。その原因の一つに登山者の増加があげられているが、彼らが出すゴミもまた、深刻な問題となっている。毎年数百人の登山家、シェルパ、ポーターが頂上を目指すが、大量のゴミを途中に残しており、いまやエベレストは世界でもっとも高いところにあるゴミ捨て場だという皮肉も聞かれる。

ごみためと化したエベレスト、清掃チームがごみ3トン回収 ネパール 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ごみためと化したエベレスト、清掃チームがごみ3トン回収 ネパール
【5月2日 AFP】標高8848メートルを誇る世界最高峰エベレスト(Mount Everest)で、世界一標高の高いごみためと化した山を清掃するという野心的なプランの下、専門チームが2週間で3トンのごみを収集した。

数十年前から商業登山が盛んになったエベレストは、高額費用を支払いながら、ごみを残していくことに無頓着な登山者が増加。蛍光色のテント、捨てられた登山用具、使い切ったガス缶、時には排せつ物が山頂へと続く登山ルート上に散乱している。 

第6回 ゴミの都カトマンズ(ムラのミライ 前代表理事 和田信明) | シャプラニール=市民による海外協力の会(2016/11/2)

第6回 ゴミの都カトマンズ(ムラのミライ 前代表理事 和田信明) | シャプラニール=市民による海外協力の会
ネパールに5年間いた、と言っても、そのほとんどはカトマンズ。しかも、ボーダナート近辺で暮らすという時間がほとんどだったわけで、私が語ることのできるのは、わが家から事務所までの道筋にまつわる乏しい経験だけだ。 有名な観光地「ボーダナート」 5年間ついに舗装されることのなかったわが家の前の道を、雨季には濁流となって流れる...

タイトルがえぐい。

路上に放置されるゴミは、カトマンズ市がお金持ちだったらあっと言う間に解決するだろう

世界のゴミ問題まとめ

ほかの国のゴミ問題はこちらにまとめています。

アジアのゴミ問題まとめ

ヨーロッパのゴミ問題まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました